レイヤリング

/レイヤリング

レイヤリングについて。

By |2019-05-24T08:17:16+00:005月 24th, 2019|Categories: レイヤリング, 豆知識|

Hello Everyone! 先週は香水をつける箇所についてのお話をしましたが、引き続きTwitterのほうでたくさんの質問を頂きましたので今日は「香水をより楽しんで頂くためにも特に大事なこと」についてしっかりと答えていきたいと思います。ガチガチな決まりは何もないので、ゆるいガイドラインだと思ってサラサラと読んで頂けたら嬉しいです! ① レイヤリングする=1種類以上の香水をつけること。では、どこになにを付ければいいのか? 先週も少しこのトピックに触れましたが、やはりパルスポイント(手首と首回りなど体温の高くて香りの拡散力が高いところ)に香水を付ける習慣のある方がとても多いように感じます。そしてそのように香水を付けられる方がレイヤリングを始めるときに急に2種類を今までと同じように付けてしまうと、香りが「より複雑」になるだけではなく、「より強く」香るようにもなってしまいます。これからどんどん気温が上がっていきちょっとした香りも強く感じられやすい中、それはやはり避けたいですよね。 そこでどうするか。 まずは、香りを分析します。 この記事のTOP画像をご覧くださいませ。 ピラミッドの左側に書いてある通り、ざっくり3段階に分かれています。 ------------------------------------------------- Top Note 軽いもの、飛びやすいもの。 ディメーターで言いますと、シトラスやお水系(レインなど)。 ------------------------------------------------- Middle Note 文字通り中くらいのもの。大体のグリーン&フローラルはこちらに入ります。 ------------------------------------------------- Base Note  雰囲気的にドッシリとした、持続力の長い、ベースに使われるもの。 ------------------------------------------------- このピラミッドに人の体を当て込んでみてください。「軽いものが上、重いものが下」になりますよね。 このように、香りの重さとともに体の下の方に付けていけば一つ一つの個性が強くなりすぎることもなく"総合的"に"体全体"でキレイに香らせることができるようになります。 ② 複数の香水を付けると純粋に量が多くなり、キツくなるのではないか? これはつける位置にも量にも、もっと言えばお好みにもよります。位置に関しては先ほどの通りですが、量に関しましては本当に各香りの個体差があるので一概に言うには難しいのですがディメーターのものであればコロンの濃度ですので「ワンプッシュが多すぎる」と感じるものはあまりありません。それが他社様のEau de Parfum(コロンの3倍ほどの濃度)を2種類掛け合わせる・・となりましたら話は変わってくるのですが、コロン×コロンではあまり神経質になる必要はないのかなと思います。ただもちろんお客様自身のお好みもありますので、「濃い」と感じられる場合は1プッシュを半プッシュにして頂いたりする必要性は出てきます。 香りを楽しむ上で一番大事なことは「自分が心地よいかどうか」であり、二番目に大事なことは「人様の迷惑になっていないか」です。付ける香りと場所と量を色々研究し、お客様自身にとってベストで幸せな方程式をたくさん生み出してみてくださいね! それではみなさま、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!