豆知識

ホーム/豆知識

春夏用のお勧めリスト♬

By |2020-05-14T08:26:21+00:005月 14th, 2020|Categories: レイヤリング, 豆知識|

Hello Everyone! 今日のブログは「暑い季節に映える香り&付け方のコツ」をテーマに書きたいと思います。 始める前に一つお伝えしたいのですが、ディメーターの香りは全てコロン(香料の濃度が低く、香りが軽めの香水)なので、オードトワレやオードパルファンなどと比べると比較的オールシーズン、お上品にでも、バシバシつけていただいても(笑)大丈夫なものがほとんどです。それを前提としてその中でも特に軽め・爽やか・夏向きのものをリストアップしていきます!ずらっと並べると読みづらいと思うのでカテゴリー分けにしてみました。 FOOD&DRINK 【軽め/爽やか】 ジントニック、レモンメレンゲ、ブラックジンジャー、ジンジャーエール、アールグレイティー、タンジェリン、ハニー、ブラッドライム、シャンパンブリュット、コスモポリタン、ピンクグレープフルーツ、モヒート 【甘いけど軽め】ハワイアンバニラ、マシュマロ、プランタン、アーモンド、カップケーキ、ソルトウォータータフィー、ドラゴンフルーツ、クレームアングレーズ 【ジューシー&甘めだけど夏向き】パイナップル、パーシモン、ピーチ、ゴールデンデリシャス、バルバドスチェリー、ライチ、ブルーベリー、ハニーデューメロン、セックスオンザビーチ、ビトウィーンザシーツ、ファジーネーブル 【濃いめだけど夏向き】ピニャコラーダ もちろんリストにないものもアレンジ次第では全然OKです♬ FLORAL&NATURAL 真夏に使えないお花などはないので、甘みのあるもの、無い/少ない物に分けます。 【甘さあり】ロータスフラワー、リリーオブザバレー、ハイビスカス、ライラック、チェリーブロッサム、ダッフォディル、プロバンスメドー、フリージア、フランジパニ、フィグ、ガーデニア、イエローアイリス、ピオニー、パープルアイリス、アップルブロッサム 【すっきりめ】ワイルドフラワーズ、ラベンダー、ネロリ、ニューリーフ、デイジー、マグノリア、タイガーリリー、ソフトチュベローズ、プルーニングシアーズ、ジャスミン、ジャイアントセコイア、ブルガリアンローズ、グラス、オレンジブロッサム、ウェットガーデン、ヒヤシンス 【甘酸っぱい】プラムブロッサム CONCEPT 全種大丈夫です。ただ真夏のバニラ系はちょっと、、と思う方や、暑い日は甘さが気になるという方はサンシャイン、ムーンビーム、ピクシーダストを避けていただければOKだと思います。 CLEAN 全種大丈夫です。強いて言えば25℃以上になった時にベビーパウダーがいつもより濃く(お粉感が厚く)感じられるかな、、くらいです! SPICY この濃いめと思われるジャンルも完全なるNGはないのですが主張がしっかりめの香りが多いので付け方が大事です。初心者さんでそこまで工夫は出来ないかも〜という方はレザー、ウード、アンバーなどは香りにわかりやすい厚みと甘さがあるため避けて頂いた方が良いかもしれません。尚夏、レイヤリングに慣れている方にお勧めしたいのはベチバーです。爽やかさと苦味がありどの香りと合わせてもクールに仕上げてくれる一本だと感じます♬ レイヤリング編 一番シンプルに香りをパッと軽く爽やかにしてくれるものは柑橘類とジンジャー系、そして炭酸感のあるもの(ジンジャーエール、ファーストキス、シャンパンブリュット)です。一部のフローラルでも同じような効果が得られますがその日のレイヤリングの主役が何かによっては目立ち過ぎてしまう可能性があるので、不安な場合は最初の3つのくくりのものを使われた方が良いと思います♬ そのほか気候系も暑いシーズンには各香りにウェット感(レイン・ペトリコール・サンダーストーム)やひんやり感(スノー)を与えてくれるのでお勧めです。薔薇単体の香りと雨が降った後の薔薇の香り、違いますよね?これはディメーターならではの香水の遊び方なので一度是非お試しいただきたいです! 夏香水を付ける上での注意点&コツ ①体温が高くなりがちなところ・汗をかくところにつけない ②夏だからと肌の保湿を怠らない(モチに影響が出ます) ③日焼け止めはできるだけ香りのしないものを選ぶ ④朝しっかり付けて仕事終わりまで持たせるイメージよりも「こまめに少しずつ」頻度を高くつけた方が1日中綺麗に香り、周りにも迷惑をかけない ⑤髪の長い女性の場合は、ヘアブラシに香水をワンプッシュし、数秒待ってから髪の内側を梳かすのがお勧め ⑥気温的に甘いかな・重いかなと不安な香りは腿かそれより下につける(ただし膝裏は汗をかくので避ける) ⑦付ける場所に迷ったら服の裾、袖が程よい&動くたびに香る◎ こんな感じでしょうか♬ 夏は香水の保管も気をつけてくださいね。直射日光・熱の篭るところはやめてあげてください! その他わからないことがありましたらまたTwitterでお待ちしております!(尚インスタの担当も別な者に変わったので良かったら話しかけてみてくださいね〜♪) それではみなさま、 夏本番には自由におでかけや旅行が出来る環境になっていることを祈りつつ、 お体をくれぐれも大切に 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!

おうちで香りを楽しむ方法。

By |2020-04-17T08:33:12+00:004月 17th, 2020|Categories: 豆知識|

Hello Everyone! 告知以外のブログは久々です。ちょっと緊張しています。(笑) 世の中が大変な時にどんなことを書けば良いのかとここずっと悩んでいたのですが、やはりこのタイミングなので「おうちで香りを楽しむ方法」が一番良いかなと思いました。なので今日はそれをテーマに、私個人がしている香水の意外かもしれない(?)活用法をこっそりお伝えしようと思います! ○晴れた日には(内側の薄い方の)カーテンに 香り好きの皆様はアロマキャンドルやディフューザーを活用されている方もいらっしゃるかと思うのですが、中々愛用している香水と同じものはルーム用として売っていないですよね。そこで好きで好きでどうしようもない香りがある方にオススメな方法です♬やり方は簡単で、晴れた日に開けない方のカーテンにシュシュっとするだけ、です。太陽の熱で部屋の中にふわ〜っと香りが広がり、忘れた頃にも風が入ってきたりでまたふわわ〜っと幸せになれます!(ただし大事なカーテンにシミが付かないように近距離ではスプレーしないでくださいね。) <オタクバージョン>自分に付けている香水と部屋の香りでレイヤリングを考えて遊びます。(重症なのはよーーくわかっています。笑) ○湯気もくもくのバスルームに 私はお風呂が大好きなので40度近い真夏でも毎日入るのですが、時間の都合でシャワーにしか入れない時もバスルームの湯気の中に気分な香水をシュッとしています。見た目は普通のお風呂場でも目を閉じればスパにいるような気分になれてリラックスできますよ♬そして様々な香りが湿度でどう変化するのか、真夏にも付けられるのかどうかを判断するのにも良い機会でもあります(笑)おまけとしては、お風呂から上がった後にバスルームの扉を開放したままにすると家中にその良い香りが漂いますよ♬ <オタクバージョン>主張が強めな入浴剤やボディソープの香りとのレイヤリングを考えてセレクトします。 ○寝具などにも! 干したてのお布団の時にはその香りを楽しむのですが、それ以外の時は気分の香水をお布団の内側にシュシュっとします。そうすると自分が入った時、そして寝返りを打った時にフワフワと優しく香りがし、とても幸せな気持ちになれます!もちろん、お布団の外側に付けても良いのですが、外側につけますとお部屋自体に香りが上がってきやすくなりますのでそこはお好みでどうぞ♬髪に少し香りが移っても構わないという方はピローケースなどでも香りが楽しめますよ。 <オタクバージョン>自分に塗ったボディオイル・ボディクリーム、寝香水とお布団に付けるものをレイヤリングします。 ○おうちでレイヤリング大会 忙しく走り回っている時には中々出来なかったりするので、時間に少し余裕がある時にしっかりと香りと向き合ってみるのも楽しいですよ。用意するものはお手持ちの香水たちと、ムエットor使っていない紙を適度なサイズに切ったものとペン。まず、一枚の紙に二種類(もっとでも可)の香りの名前を書き、そこにその何種類を重ねレイヤリングを試します。ワンプッシュするのは多い/勿体ない〜という方はスプレー部分を外し、細いストローのようになっている所を紙にちょんちょんとするとより少量で香りを試すことができます。気に入った組み合わせは手帳などにメモっておくと便利ですよ♬ そして最後に、 ○どうしても外出しなくてはいけない時 私は出かける前も出かけている最中も両手の指先に香水をシュっとし、マスクの表側に「ちょんちょん付け」をしています。もし付けすぎてしまった時は残りを手首や膝裏などに付けています♬この方法はほぼ周りに拡散せず自分だけこじんまりと香りを楽しむことが出来るのでストレスフリーですし癒されますよ! 参考になる物はありましたでしょうか? 日々をできるだけ普通に過ごしているつもりでも何かと不安とストレスがたまりやすい時期ですから、皆様にとって少しでも香りでリラックスして頂けたら嬉しいです。もし何か質問があったらいつものようにTwitterで聞いて下さいね! それではみなさま お体をくれぐれも大切に、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!

香水のお悩み Part Two

By |2019-07-11T05:30:18+00:006月 20th, 2019|Categories: お悩み相談, 豆知識|

Hello Everyone! さてさて、今回もTwitterのマシュマロに頂いたご質問に答えていこうと思います。 「はじめまして。「自分に合う香り」はどうしたら知ることが出来ますか?自分の性格や見た目のイメージで決まるのでしょうか?(可愛い人=グルマン系とか・・・?)もっと香水を楽しみたいのですが、せっかく身に付けても似合っていないと言われるのは悲しくて。」 お気持ちはわかるのですが、まずは、私の(やや乱暴な)意見を聞いてください。 私は自分に「合う」香水を付けることよりも、自分の「好き」な香りを纏うことが大切だと思います。 例えばですが、とても親しい人に「イメージはローズ!」と言われて、ご自分がローズを好きではなかったら付けられますか?苦痛ではないですか?本来、自分をより幸せにするはずのアイテムが「似合うと言われたからなんとなく付けているもの」になってしまいます・・・それこそ悲しくないですか? 私の香水の哲学は「JOY」です。(ジャンパトゥではないですよ、好きですが)「喜び」を感じられるものを付けましょう。似合わないと言われる隙を与えないくらい、満面の笑みで人を迎え入れましょう。物凄く幸せそうな人に「それ似合わないよ」という人はいないと思いますし、もし仮にいたとしたらそれはまたちょっと別なモンダイのような。例えば、「もう少し〇〇な方が似合うと思うよ」や「付けすぎだよ」はお友達としては◎ですし大いに参考の余地があると思いますが、「似合わないよ」はちょっと・・・と個人的には感じてしまいます。 脱線しかけましたが、「見た目のイメージ」のお話。 確かにイメージで言いますと、小さくて可愛くてピンクとフリフリがとても似合っているような方がカップケーキなどを付けていたらイメージ的にぴったりかもしれません。でももし、その方から石鹸と、、そうですね、スズランのような香りが漂って来たら?「ラブリーに見えるのに、せ、清楚・・・!」となりますよね。そしてその方がもし、チュベローズにレザーなどをつけていたら「おおおおおおっ!」となると思います。何故でしょうか?それはビジュアルとの「ギャップ」があるからです。 面白くないですか?ギャップ。 優等生タイプからパイプタバコとブラックペッパーの香りがしたり、清楚を絵に描いたような人からダートのようなアーシー(上質な土のよう)でセクシーな香りがしたり、雰囲気がゴージャスな人からチェリーブロッサムのような可愛い香りがしたら、ドキっとしませんか?イメージにぴったりなものを付けるのも素敵ですが、こういう良い意味でのイメージ的な裏切りはその人により興味を持つきっかけにもなります。少しお話がそれるのですが、私は仲良しが普段付けている系統のものと少し違うテイストのものを付けていたら直感的に「何かあったんだな」と思いますし、大体当たっていますよ(笑)それだけパフュームとは心を表すものでもあるのかな、と思います。 「香りの選び方」ももちろん沢山あるのですが経験上、大きく分けると「イメージそっちのけでとにかく好きで好きでたまらない香り」を選ぶ人、「今の自分にぴったりの香り」を選ぶ人、そして「なりたい自分にぴったりな香り」を選ぶ人という3パターンがあるのですが、これはどれも全て正しいと思います! なので初心者様用に香りを選ぶ時に検討材料となる質問を2つ考えてみました。 ①何の香り・どんな香りが好きですか? 一番大事です。これがないと始まりません・・・! ②どんな雰囲気になりたいですか? スマート、フワフワ、セクシー、ダーク、ハンサム、キュートetc. この2つの答えを基に幸せになれる香りをアレンジしましょう。途中でわからなくなったらいつでもお手伝いいたしますよ♬ 人の意見が気になってしまうのもわかります。でも、香水は「JOY」です。難しく考える必要は全くないんです。それだけは忘れないでくださいね! それではみなさま、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!

香水のお悩み Part One

By |2019-07-11T05:30:12+00:006月 6th, 2019|Categories: お悩み相談, 豆知識|

Hello Everyone! 今日は、Twitterのマシュマロに頂いた質問にじっくり答えようと思います。 「大前提みたいな質問で申し訳ないのですが...香水ってどんな時につけるものなんでしょうか?職場だと憚(はばか)られますし、プライベートでも「匂いが気になる人もいるだろう」と思うと人と合う用事ではつけられません。他人にわからず自分にだけわかる感じでつけられないかな?とも思いましたが、どう量を加減していいかもわからず...また、香りに慣れてしまうと量を増やさなくては自分ではわからなくなりそうで、そうなると周りからは匂いがキツすぎるだろうなーなどなど...色々考えてしまい、結局全然つける機会がありません。どんな場面で、どのような用法で使うのが適当なのでしょうか?そして、皆さん自分が嗅ぎたくてつけているのか、他人に嗅いでもらいたくてつけているのか...?それによっても用法が変わる気がします。本当に大前提のお話ですが、プロの方のご意見を伺いたいです!」 このようにご質問を頂いたのですが、きっととてもお優しく慎重な方なのでしょう。お気持ちもよくわかります、日本は香水を日々使用する人のパーセンテージが先進国の中でもかなり低いほうでして、香水をつける事が普通で当たり前の行為とする国も存在する中、まだまだその行為自体があまり浸透していないですものね。私は海外で育っているのですが、帰国後はそれをとても不思議に思い、お出汁文化だからなのかな?なんてずっと思っていました。 それでは一つずつの質問に答えていきますね! ①どんな時に付けるものなのでしょう これはもう、「いつでも」です。 朝やる気を出すため/気分よく出かけるために付ける人、日中のリフレッシュに付ける人、デートの時だけ付ける人、夜のお風呂上りや寝る前に付ける人(「寝香水」とも呼ばれています)・・・。しいて言えば、程よく香る香水もマナー違反となる場所(お鮨などの和食屋さん、お茶会、ご葬儀などなど)以外ではどんな時でも問題はないはずです。 ②職場ではNG? 私自身香水がダメな会社にはいたことがないのでこの発想はありませんでした。でも確かに沢山の方々がおられますし、隣の方とデスクがとても近かったりしたら気になりますよね。ただ、程よく香らせる分には問題にならないと思いますし(職種にももちろんよるとは思いますが)私自身も社内外の方からとても素敵な香りがしたらすぐに褒めますし(名前も聞きます!)、逆に褒めて頂いたことも沢山あります。一人だけ過去に、「あ、〇〇さん今日来てるな、、」と思うほど印象的な香りを結構強めに香らせている方もいたのですが、それに関しても周りはそんなに悪いようには言っていなかったような印象(キャラクターの一部と言いますか・・。)でした。 ③プライベートでも嫌がる人はいる これは、いると思います。もちろん職場にも。すべての(意図的に+されている)匂いが嫌い!という方、アレルギーの方、特定のジャンルが大嫌いな方、お鼻が本当に敏感な方など、沢山いらっしゃいます。でも、全ての人の事を考えていたら本当に何も出来なくなってしまうので、そこは思い切りが必要ですね。付けたい!というお気持ちがあるのでしたら、付けたら良いと私は思います。もちろん適量であることが大事ですが。(たまに電車などでひまわりシャワーで香水を浴びてきたのでしょうか、、という方、おられますからね。) ④自分だけが楽しめる量は ワンプッシュを拡散しにくいお洋服の中(香りが強いものは下半身)が一番小スペースでこじんまりと香りを楽しむ方法だと思います。 ⑤慣れてきたら量が増えるのでは 香りに麻痺するとはよく聞きますが、私自身は経験がなく、もしあったとしてもこれはコントロールが効くので、お鼻の感度を取り戻すために「しばらくの間違う香りに変えてみる」もしくは「しばらく付けずに過ごす」などの対処法がおすすめです。ザックリですが、香りを付けることに慣れ親しんでいる方以外では基本的にコロン以外の濃度の物(EdT,EdP)は一度に2プッシュ以上はしないほうがいいと思います。 ⑥自分のためor嗅いで欲しくて付けるのか 恋人や誰かのために付ける方も中にはいらっしゃいますが、圧倒的に前者の方が多いような気がします。自信が湧いてきたり、嬉しくなったり、元気が出たり癒されたりと効果は様々ですが、大好きな香りに包まれる幸せはやはりとても大きく、代わりがきかないものでもありますので。 大袈裟かもしれませんが、連日同じお洋服を着続けても、全くの別人になれるのが香水です。もちろん外見は変わらないので、自分の中で、ですが(笑) 日々の生活にまた少しテクスチャーの違う幸せを+アルファする感覚を是非一度のびのびと楽しんでみてください。何事もそうですが、最初の一歩を踏み出せたら、あとは何も怖いことはありませんよ♫ それではみなさま、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!

レイヤリングについて。

By |2019-07-11T05:30:03+00:005月 24th, 2019|Categories: レイヤリング, 豆知識|

Hello Everyone! 先週は香水をつける箇所についてのお話をしましたが、引き続きTwitterのほうでたくさんの質問を頂きましたので今日は「香水をより楽しんで頂くためにも特に大事なこと」についてしっかりと答えていきたいと思います。ガチガチな決まりは何もないので、ゆるいガイドラインだと思ってサラサラと読んで頂けたら嬉しいです! ① レイヤリングする=1種類以上の香水をつけること。では、どこになにを付ければいいのか? 先週も少しこのトピックに触れましたが、やはりパルスポイント(手首と首回りなど体温の高くて香りの拡散力が高いところ)に香水を付ける習慣のある方がとても多いように感じます。そしてそのように香水を付けられる方がレイヤリングを始めるときに急に2種類を今までと同じように付けてしまうと、香りが「より複雑」になるだけではなく、「より強く」香るようにもなってしまいます。これからどんどん気温が上がっていきちょっとした香りも強く感じられやすい中、それはやはり避けたいですよね。 そこでどうするか。 まずは、香りを分析します。 この記事のTOP画像をご覧くださいませ。 ピラミッドの左側に書いてある通り、ざっくり3段階に分かれています。 ------------------------------------------------- Top Note 軽いもの、飛びやすいもの。 ディメーターで言いますと、シトラスやお水系(レインなど)。 ------------------------------------------------- Middle Note 文字通り中くらいのもの。大体のグリーン&フローラルはこちらに入ります。 ------------------------------------------------- Base Note  雰囲気的にドッシリとした、持続力の長い、ベースに使われるもの。 ------------------------------------------------- このピラミッドに人の体を当て込んでみてください。「軽いものが上、重いものが下」になりますよね。 このように、香りの重さとともに体の下の方に付けていけば一つ一つの個性が強くなりすぎることもなく"総合的"に"体全体"でキレイに香らせることができるようになります。 ② 複数の香水を付けると純粋に量が多くなり、キツくなるのではないか? これはつける位置にも量にも、もっと言えばお好みにもよります。位置に関しては先ほどの通りですが、量に関しましては本当に各香りの個体差があるので一概に言うには難しいのですがディメーターのものであればコロンの濃度ですので「ワンプッシュが多すぎる」と感じるものはあまりありません。それが他社様のEau de Parfum(コロンの3倍ほどの濃度)を2種類掛け合わせる・・となりましたら話は変わってくるのですが、コロン×コロンではあまり神経質になる必要はないのかなと思います。ただもちろんお客様自身のお好みもありますので、「濃い」と感じられる場合は1プッシュを半プッシュにして頂いたりする必要性は出てきます。 香りを楽しむ上で一番大事なことは「自分が心地よいかどうか」であり、二番目に大事なことは「人様の迷惑になっていないか」です。付ける香りと場所と量を色々研究し、お客様自身にとってベストで幸せな方程式をたくさん生み出してみてくださいね! それではみなさま、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!

香水、どこにつけていますか?

By |2019-07-11T05:30:37+00:005月 14th, 2019|Categories: 豆知識|Tags: , , |

Hello Everyone! 日々私はTwitterの方でみなさまと楽しくお話をさせて頂いているのですが、140文字では思うようにまとまらないメッセージも沢山あり、まとめて書いた方が良いのかなと思う事もちょこちょこ出てきたのでそれらをこのblogにて少しずつ書いていけたらなと思っております。 今日は付け方についてです。 みなさま、どこに香水を付けておられますか?映画などを見ていると手首シュッ⇒両手首ポンポン⇒首の両サイド が一番多いような気がするのですが実はこの付け方、最も「香りが強く出る」付け方でして全ての香りにはオススメできない付け方でもあるのです。 何故かと言えば、両手首も首も、「常に露出している部分」であり「パルスポイント」(脈を打つ場所)と呼ばれる体温の高い所で香りが広がりやすく、首単体に関しましてはよりシンプルに「お鼻が近いから」です。(ご自分のも、周りの方々のも!) なので、香りが強いものであればあるほど、付ける位置を下げた方がバランスよく適度に香ります。夜向けと思われがちな濃厚な香りも、家の外では付けにくいと感じる方の多いグルマン系も、低い位置*そして内側(露出していない服の中など)に付けることによってふんわり静かに香らせることができます。(*お腹、内もも、膝裏、足首など) 大好きな香りなのに夜や寒い時期にしか付けられないとよく耳にしますがそれではせっかくのお気に入りの香水がもったいないじゃないですか。付け方を少し工夫すれば24時間/365日大好きな香りを纏うことができるようになりますよ! ディメーターのコロンは濃度が軽めなため比較的パシャパシャ使って頂くことができるのですがベースノート向けのもの(重ための香り)や他社様の濃厚な香りは是非、低め&内側で試してみてください。 オタクな話をすれば、ものによっては半プッシュや気持ちプッシュ(1/4程)で充分だったりするのですがそこまで話してしまうと長くなってしまうので量が多いかも・・と不安な方はまずコットンなどに1プッシュしてから付けたい位置にポンポンしてみてください! それではみなさま、 美しく香る日々をお過ごしくださいませ。 Until next time!